自己點検?外部評価

日本経営品質賞への取り組み

金沢工業大學が「全國企業品質賞」エクセレンス賞受賞

KITは、組織能力を革新的に創造していただくために、全國の経営革新に取り組む中堅?中小企業を表彰する、2011年度「全國企業品質賞」に申請し、受賞レベル最高の「エクセレンス賞」を受賞しました。

KITでは學生を“顧客”と位置づけ、全國の大學で初めてのCS室(顧客満足度推進室)の設置や、アクティブに學び総合力をスパイラル狀に高める自己成長型教育プログラム「プロジェクトデザイン教育」の実施など、達成感にもとづく學生満足度の向上に全學的に取り組んでいます。今回の「エクセレンス賞」受賞を勵みに、今後も教育、研究、サービスの継続的な改善活動に努めていきます。

経営品質賞への取り組みについて

金沢工業大學では、開學以來一貫して、今學生に必要なことは何かを考え、各種の施策を展開してきました。そして學生を主要な顧客と位置づけ、プロジェクトデザイン教育を主柱とした教育の取り組みを通じて、學生に「意欲と目標」を持たせ、「學生が持つ力」を引き出し、「學力×人間力=総合力」という考えのもと、學生を最大限に成長させることに注力しています。

こうした取り組みの一環として、金沢工業大學では1999年から、顧客視點から組織全體を運営し、自己革新を通じて新しい価値を創出し続けることのできる「卓越した経営品質の仕組み」を有する企業を表彰する「日本経営品質賞」に國內の大學として初めて取り組んでおり、顧客本位の卓越した業績を生み出す組織づくりをめざして、教育、研究、サービスの継続的な改善活動に努めています。

全國企業品質賞 エクセレンス賞 表彰理由
(「2011年度全國企業品質賞 學校法人金沢工業大學 評価レポート暫定版 全國企業品質賞委員會」より抜粋)

金沢工業大學は、創立以來、人間形成、技術革新、産學協同を柱とする建學綱領を土臺として、教育目標である「行動する技術者の育成」を実現するため、學生を顧客と位置付けて様々な學內改革を試行しながら、著実にその成果を積み重ねている。 とくに、文部科學省が主管するGP事業に採択された、獨自の取り組みであるプロジェクトデザイン教育は、3つの卓越性の実踐目標である「教育付加価値日本一」を実現する上で極めて有効かつ実踐的な制度であり、KITポートフォリオシステムとあわせて、全國の大學の中で先駆的なポジションを獲得する大きな要因となっている。 また、理事、教職員、學生が連攜し、それぞれのリーダーシップを発揮しながら、“KIT-IDEALS“を行動指針として、IR活動を通じてすべてのステークホルダーに対する説明責任を果たしながら、「工學アカデミア」の実現を目指している中で、學內には、「學生が自ら學ぶ」ことを実踐する場やそれらを支援する仕組みが構築されており、學生と教職員、理事が三位一體となって大學を作るという姿勢が學內に浸透し貫徹している。 さらに、地域および産學連攜に積極的に取り組み、地域住民や企業の聲を學內に取り込むことにより、地元とWin-Winの関係を構築し、「信頼される大學」としての地位を確保している。

金沢工業大學における顧客(學生)満足度向上の取組み

1995年にスタートした教育改革の目標として、學長は「學生が主役となる大學づくり」を掲げ、教職員の意識改革の促進を目指しました。
1999年1月、「日本経営品質賞」への取り組みが始まりました。理事長を委員長とした事務職員からなる顧客満足度向上プロジェクトが発足し、學生を主要な顧客と位置づける教職員の意識改革に関する提案が行われました。
2000年7月より顧客満足度実施プロジェクトに再編成、
2002年6月には、顧客満足度実施プロジェクトを、常務理事を委員長とし部局長をメンバーとした顧客満足度向上プロジェクト委員會と、課長級職員を中心としたJQA21プロジェクト(JQA:日本経営品質賞のこと)に拡大。JQAのセルフアセッサー研修を常勤事務職員の半數にあたる114名の職員が受講し修了しています。
2003年には國內の大學では初めてCS室(顧客満足度推進室)を設置し、學生の満足度向上を目的とする各種アンケート調査を実施するなど、學生を主要な顧客と位置づけた全學的な改善の仕組みを作り上げています。
2003年に「日本経営品質賞」に初めて応募。
2004年には自己成長型教育プログラムである「アクロノール?プログラム」を創出。學生自身が自己実現の目標を持ち、學習や自身の活動成果をポートフォリオ化することで段階的な自己実現の狀況を把握することを可能とし、學生自身の達成感にもとづく満足度の向上を目指しています。
2006年12月、「日本経営品質賞」と同等の評価基準に基づき審査される2006年度「全國企業品質賞」にて、日本経営品質賞アセスメント基準の評點総括「A+」レベル以上に相當する「大賞」を受賞。
2012年6月、2011年度「全國企業品質賞」受賞レベル最高の「エクセレンス賞(AA-)」を受賞。

KIT金沢工業大學

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大學のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.

人人影视-51人人看电影网,最新优酷土豆伦理电影电视剧在线观看