研究所の構成と概要

研究センター

やつかほリサーチキャンパス

材料システム研究所

材料システム研究所は、資源環境、社會環境、経済環境を包含する地球環境の中で、素材から構造物に至る材料の流れをシステムとして捉え、材料を取り巻く様々な技術課題を解決し、材料システムの最適化を図る。

扇が丘キャンパス

日本學研究所

日本學研究所は、我が國の歴史や伝統に関する研究と普及を目指す。日本人とは何か、日本の精神文化とは如何なるものかといったことを研究して、その本質を明らかにし、その伝統の良い部分を後世に伝えることを目的とする。

科學技術応用倫理研究所

科學技術応用倫理研究所は、科學技術者に関わる倫理?道徳?法律上の問題を批判的に分析?検討し、科學技術者の社會的責任について総合的な研究を行い、その成果を教育に還元する方法を研究する。

やつかほリサーチキャンパス

先端材料創製技術研究所

先端材料創製技術研究所は、基盤技術である塑性加工技術?切削加工技術?材料設計技術?計測技術を有機的に結合させることにより、新製品やそれら要素技術の創製や高度加工技術の構築を行う。日本経済を支えてきた“モノづくり”が主眼とする能率型生産方式にとどまることなく、近年問題視されている少子高齢化をサポートするカスタムメイド化やユーザーの多様化に対応して、小ロット部品をニーズに合わせた形で速やかに納入できる方式の確立を目指す。

やつかほリサーチキャンパス

生活環境研究所

生活環境研究所は、安心?快適な生活空間を創出するための水資源循環型環境浄化システムの開発を目的として、環境汚染重金屬イオン除去システムの開発にあたる。

虎ノ門キャンパス

知的財産科學研究所

知的財産科學研究所は、知的財産という自然科學と社會科學の學際領域に関して、経験的実証性と論理的推論に基づいた法則の発見など、「知的財産科學」という新しい學問分野にふさわしい合理的知識の構築を目指す。「知的財産立國」を目指すわが國の人的基盤となる知的財産関連人材の速やかな供給を可能にする「知的財産教育」の科學的プログラムの開発も行う。

國際學研究所

國際學研究所は、國際関係の諸問題を総合的かつ広域的に調査研究する。安全保障や危機管理の諸側面に焦點を當てつつ、國內外のいまを読み、中長期的な戦略に立った21世紀日本のかたちを追求する。日本として國際社會を全體としてどのようなかたちにもっていくかという目標を持って、新たな秩序の形成とその維持に取り組む。

扇が丘キャンパス

地域共創イノベーション研究所

地域共創イノベーション研究所は、多様かつ複雑な地域の問題に関して、學術の面から解決を図る地方創生の學術的な拠點となることを目的とする。さらに、大學から技術?知識?人材を提供するだけでなく、地域連攜の拠點として産學官など様々な立場の人材が交流して、地方創生を促進するプラットフォームとなることをめざす。

虎ノ門キャンパス

コンテンツ&テクノロジー融合研究所

コンテンツ&テクノロジー融合研究所は、衛星通信、ブロードバンド通信、デジタルシネマ技術、デジタル放送技術、インターネット、モバイル通信などデータ?セキュリティー技術により運用されるプラットフォーム上で、コンテンツとテクノロジーの融合を目指す。また、その最新技術分野並びにメディアエンターテインメント産業において、グローバルな視點から蕓術?技術?経営の融合ができる人材の育成と支援を行う。

実海域船舶海洋研究所

能登半島七尾灣北灣に囲まれた穴水灣自然學苑を拠點に、船舶や海上ビークルの実海面上における性能計測や海洋実験を行い、既存の水槽試験によるものとは異なる斬新な研究を推進する。

やつかほリサーチキャンパス

航空システム工學研究所

航空システム工學研究所は、航空システム工學科の付屬研究所として、航空機の開発?設計を念頭においた、より実用的に近い研究を行うとともに、ホームページ等を通じて各研究室の研究成果、教員の著作、學生の研究成果等について対外的に発信する。また教員同士が連攜して、プロジェクトデザインIII等の學生の活動を効率的に指導する。

やつかほリサーチキャンパス

醫工融合技術研究所

醫工融合技術研究所は、醫工融合領域での技術革新を生み出す研究拠點として設立し、醫工連攜を推進する中心的役割を擔うとともに、將來的には醫療技術分野での地域への貢獻と、本研究所を中核とした北陸地區における産學連攜による醫療機器開発拠點を形成し、人にやさしい醫療を提供することを目指す。

扇が丘キャンパス

加齢醫工學先端技術研究所

我が國は今65歳以上の人口が急速に増加しており、今後10-20年にわたって急激な高齢化社會になっていく。この高齢化社會への突入によりさまざまな社會的ひずみが生まれるとされているが、その一つは高齢化にともない醫療需要が増大することが懸念されている。醫療経済のみならず、健康に老いるための取組が急務となっている。
加齢醫工學先端技術研究所は、このような超高齢化社會への対応として再生醫療などの先端醫療への取組により、健康に老いるための醫療技術を創生することを目指している。さらに醫工學との連攜により先端技術の新たな評価系といった創薬支援技術の開発にも取組む。このために、4つの研究グループを配置し、それぞれ獨自の研究課題の取組みのみならず、相互連攜して「加齢」という全體的な研究課題の推進を図ることとしている。

白山麓キャンパス

地方創生研究所

長期的な人口減少と都市部への人口集中を背景に、地方創生に取り組む研究機関として設立された當研究所は、研究フィールドとなる地方山間部の新たな街を「里山都市」と位置づけています。里山の持つ自然との共生、豊かなライフスタイルをユーザーエクスペリエンスの観點から研究し、ICT、IoT、AI等を駆使した防災?エネルギー?教育?醫療?福祉?産業振興に結びづけ、地方経済における従來型ビジネスモデルをイノベーション創出型の新規ビジネスへと変革させることが當研究所の目標です。その成果は、都市部、さらには世界各地域にも適応されることになります。地元企業、産業界、自治體との連攜を通して「新たな里山都市を創生する」全學橫斷型イノベーションプロジェクトを推進します。

扇が丘キャンパス

金沢歴史都市建築研究所

江戸時代初期に形成された街路網の多くが現代まで継承され、各時代の特徴を示す景観?庭園?建築など藩政期からの重層的な歴史的環境を今にとどめる金沢は、その魅力を活かしたまちづくりが現在も継続している最大の都市である。
金沢工業大學では、草創期から各専門研究者がこの金沢の歴史的環境?空間に著目し、都市?まちづくり、景観、建築の研究に継続して取り組んできた。また現在ではAR(拡張現実)等の最先端のICT技術を導入し、城下町金沢の歴史的資源を活かした未來型プロジェクトも進んでいる。
本研究所は、歴史都市金沢をテーマに各研究者が専門領域を活かして進めてきた都市?景観?建築の學術的研究、各種プロジェクトや社會貢獻等の成果や活動を統合し、相互に連攜を図り、その成果を社會に発信する研究機関である。

扇が丘キャンパス

AIラボ

本研究所は、1)社會に大きな影響を與えつつあるAI技術の適用方法に係る研究の推進、2)AI技術を自社の業務やサービス適用することに積極的な企業との共同研究の推進、3)AI技術の活用ができる技術者の育成のための教育コンテンツの充実、を目的とする。

活動內容

(1) 人工知能に係る技術者育成に関する活動

第四次産業革命の進展による技術革新に伴い、社會で活躍するために必要とされる知識やスキルの中で、特にAI技術分野の學習を目的とした、教育コンテンツの充実を図る。

(2) 人工知能の応用?適用に関する研究

情報技術AI研究所のAI技術に係る基礎研究成果を活用し、実社會の抱える課題解決のための適用研究を実施。

(3) 共同研究の推進

AI技術の導入に積極的な組織や研究機関との共同研究の推進。

扇が丘キャンパス

SDGs推進センター

SDGs推進センターは、日本の地方から地球規模課題の解決策を創造?拡大していくために開設されました。本センターは、SDGsの達成に貢獻するため、様々なステークホルダーと連攜しながら、課題の本質の見極めを行い、解決策の策定?推進、推進結果の評価を行っていきます。その際、日本の地方が持つ魅力を再発見していきながら、地域の生きた課題の解決に地球規模の視點から取り組みます。また、日本企業が有する最先端の技術と日本の地方が有する伝統的な知恵や技術を融合することで課題解決を促し、その成果を世界に共有していきます。

さらに、課題解決を実踐できる人材を育てるための「SDGs教育」を実踐し、2030年に社會を支える次世代リーダーの育成を推進していきます。活動の推進には、學外から幅広い人材の參加を募ることで、野心的な目標であるSDGsの達成に貢獻する革新的な取組を次々に生み出していくことを目指します。

KIT金沢工業大學

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大學のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.

人人影视-51人人看电影网,最新优酷土豆伦理电影电视剧在线观看